ぶきっちょでも安心なガラス修理方法

どんなに注意して生活をしていてもふとしたときにミスをしてしまうこと、自分以外がやってしまうことなど不可抗力などが発生することがあります。窓ガラスなどのガラスが割れてしまうこともその一つであり、割れた後の処理などが大変なため、わざわざ好き好んでガラスを割ることはありません。しかしどんなに気をつけていても割れてしまうことがあり、ガラスが割れてしまったときは、ガラス修理を行いもとに戻すことが必要となります。その際には、ガラス修理業者に依頼して修理したり交換してもらうことが一般的になりますが、自分で修理することもできます。自分で修理するときは、手順を必ず確認をして間違った直し方をせずに、安全に作業をすることが重要であり、難しい場合には業者に依頼するようにしましょう。

自分でガラス修理するにはどうすればいいか

自分でガラス修理を行うことはとても大変な作業になり、よほどのことがない限りは行なわない方が無難になります。ガラスはヒビが入るだけでも強度がかなり低下してしまい、下手に触ってしまうとヒビが大きくなり、割れてしまうこともあります。また割れてしまっている場合には、触れることによりサッシに残っているガラスが落ちてくることもあり、とても危険なためできる限り近づかないようにすることが、大切になります。自分でガラス修理をする場合には、割れていないガラスを交換することにとどめておくことが危険が少ないものになります。その際にはサッシのビスを一部はずし、サッシの一部が外れたらガラスを抜き、新しいガラスの回りにゴムを巻きサッシにはめ込みビスを締めれば、交換することができます。

ガラス修理は業者に依頼することが一番

ガラス修理は個人で行なうにはとても大変で危険なため、業者に依頼することが一番の方法になります。その際には、ガラスにヒビが入っている場合には、小さなヒビの場合にはガラスがそれ以上ひび割れないように、ガムテープで上から軽く覆うようにすることで、ヒビの拡散を防ぐことができ、あとは余計な負荷がかからないように風除けなどを作り、業者が来るのを待ちます。またガラスにヒビが入るのではなく割れてしまった場合に、強風などが原因の場合には近寄らないようにしましょう。風で物が飛んできて割れた場合には、同じように物が飛んでくる危険や風の衝撃で窓がさらに割れてしまうこともあるので、近寄ってはいけません。強風などがないときには、靴を履き軍手などをして作業を行ないましょう。