いざという時に役立つガラス修理情報

いざガラスが割れたときには、修理屋さんに頼むのが一番安全で、確実な方法です。しかし、それがすぐにできない場合があります。どうしても、素人が手を出さざるを得ないこともあります。そんなときのために、応急処置と素人なりのガラスの修理方法があります。まず、応急処置ですが、ガラスに小さなひびが入っている場合は、ガムテープなどを張り付けましょう。紙製ではすぐにはがれてしまうので、布製を使います。ただ、あくまでも仮の補強手段なので、すぐに次の対策をとります。あまりに割れ方がひどい場合は、ほうきなどで全て取り払いますが、ガラスが飛んでこないとも限らないので、慎重にやる必要があります。あとは段ボールなどを張り付けておくしかありません。続いて、ガラスの本格的な修理になります。

素人がガラス修理をするとしたら

できるだけ専門業者に任せるべきですが、一応ガラス修理のやり方はあります。まず、ガラスがはめ込まれていた部分の寸法がわからなくては、始まりません。ミリ単位で測って、正確を期します。次にガラスを切らなくてはいけません。ガラスカッターというものを使います。専用のオイルか灯油が必要です。すべり止めの付いた定規を当てて、ガラスに線を引きます。あとは割るだけです。ガラスが厚い場合は、圧板用プライヤーというものを使います。そのあとは、ガラスにゴム(グレチャン)を巻き付けます。ガラスの端が切れやすくなっているので、注意しましょう。切れやすい部分は、砥石で磨いておくこともできます。最後は、サッシのビスを外して、ガラスをはめ、ビスをまた締めます。これで完了ですが、思わぬけがの危険性もありますから、慎重にやってください。

やはりガラス修理は専門家に任すべき

素人がガラス修理をしても、うまくいかなかった場合は、損をするだけです。専門家に任せるのが無難です。先ほど言った手順をそつなくこなしてくれますし、道具もすべてそろっています。素人の場合は、ガラスとそれ以外の道具も購入しなければならず、結構面倒です。寸法測り、必要なガラスの手配(種類も選べます)、カット、グレチャン巻き、ビスのつけ締め、すべて手慣れたもんです。問題は、業者選びですが、近くにいい店があるのなら、そこに頼みましょう。ない場合は、電話帳やサイトで調べることになりますが、悪質な業者でない限り、それほど費用に差はありません。いったん頼んだら、近くで作業を見ていても、いいかもしれません。あとで自分がやらなければならなくなった時に、役に立ちます。

ガラス交換をしてる当社の強みは、電話及びメールでも24時間365日受付をし、そして受付の時点で料金も判り、短時間でガラス修理が可能です。 お電話でのお問い合わせは24時間365日受付しております。 傷やシミなどのフローリング・浴室等のリペア(補修・再生)施工も行っております(首都圏限定)。 当社では、ガラスのトラブルに対して修理や交換を行っている他、様々な機能性ガラスへの交換も手掛けています。 ガラス修理ならどんな事でも専門店のハウズボートへお任せ!